Top > 不動産

不動産

不動産一覧

なし崩しに契約を決めようとする業者

仮に不動産売却で利益が出たなら、ともすれば譲渡所得税が賦課される可能性があります。   売却した不動産を所有していた期間が5年を超えるならば、譲渡所得税は所得税については15%、住民税については5%で課税されます。   5年以下という短期の所有期間ならばその2倍の課税率です。 &

なし崩しに契約を決めようとする業者の続きを読む>

カテゴリー
更新履歴
なし崩しに契約を決めようとする業者(2017年12月30日)