Top > 不動産 > なし崩しに契約を決めようとする業者

なし崩しに契約を決めようとする業者

仮に不動産売却で利益が出たなら、ともすれば譲渡所得税が賦課される可能性があります。

 

売却した不動産を所有していた期間が5年を超えるならば、譲渡所得税は所得税については15%、住民税については5%で課税されます。

 

5年以下という短期の所有期間ならばその2倍の課税率です。

 

いつ頃納税すればいいのかというと、所得税は売却の翌年2月16日から3月15日の間に一括納付し、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。

 

多くの場合、不動産売却の検討に際しては最初に不動産業者の価格査定を手配することになるでしょうが、査定の前に汚れはすっかり落としてキレイにしておくべきでしょう。

 

中でもマンションは、汚れひとつない状態にしておけば印象が俄然よくなります。

 

それから、下調べに購入希望者が来る際にももれなく掃除を行っておき、内覧者に最大限広く見えるようできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。

 

住宅を売却する際、思いのほか順調に話が進んでしまって、引渡し日が早まることがあります。

 

ですから、売りに出したら買い手がつかなくても荷物の整理をはじめておくと良いでしょう。

 

物件に住んだままで売りに出すなら、いま使うものだけを残し、不要品や季節品を分け、折を見てリサイクル業者に出したり、箱詰めしておけば、引越しも楽ですし、断捨離もできて一石二鳥です。

 

不動産取引は複雑なので、個人で売るのではなく、不動産会社の仲介を利用するのが一般的でしょう。

 

安く売却して損をしないためには、ここで安易に不動産会社を決めてかかるのではなく、幾つもの会社に見積依頼を出して、査定を出してもらうこと以外にありません。

 

一括査定といって複数の不動産会社に見積り依頼可能なサービスを使えば手間も省け、査定額の大小だけでなく営業力の有無もわかり、より良い業者を選ぶことができます。

 

最近は、不動産仲介業者の数が増えています。

 

上手に業者を選ぶコツとしては、一括査定サイトにアクセスし、条件を入力して簡易査定を行います。

 

すると、複数の不動産仲介業者から査定結果が届きますから、納得できる査定額をくれた業者に現地査定をお願いしましょう。

 

その時に、査定結果のポイントや、分からない点などを質問した時、納得できる答えをくれる業者であれば、信用できると思います。

 

逆に、査定結果が高い業者であっても、こちらからの質問に答えられなかったり、こちらが納得していないのにもかかわらず、なし崩しに契約を決めようとする業者は選択肢から除外しましょう。

http://xn----dfuud5e326p8p8d.xyz/

不動産

関連エントリー
なし崩しに契約を決めようとする業者10万もマイナスだったという人も見聞します