Top > プラセンタ > プラセンタは原料と原産国に注意

プラセンタは原料と原産国に注意

プラセンタ商品は、エイジングケアとしてとても人気があります。プラセンタは動物の胎盤から抽出された成分を指しますが、その動物により、効果が異なるのです。購入する時に注意する点をまとめました。

 

「商品の原料をチェック」

商品の原料に馬と書かれている場合、プラセンタの効果が期待できると考えられます。馬は、出生の管理も徹底されていて、安全性の知識のある生産者も多いです。北海道の馬農家による提供もあり、国産プラセンタとして人気があります。

 

豚や鶏は安い商品に含まれる場合が多いです。出産率が大きく、効率が良いことから、中国などで大量に生産できるのです。ただ、安全性は馬に劣ります。鶏はウィルスにかかり易く、豚は管理の徹底の面で不安があります。商品を選ぶ時は、馬からの成分であることを確認することが必要です。

 

「原産国も大事」

プランセンタの管理が徹底されている国であることを確認する必要があります。日本は管理について一番良いイメージがありますが、実はベルギー産のプラセンタが一番です。国で徹底的に管理された衛生処理で、その証明もされています。商品を購入する時は、日本またはベルギーと覚えておくといいです。

 

「衛生処理の証明」

プラセンタ商品には、原料・衛生処理の証明が必要です。ネットで公開されていることが多いので、確認することをおすすめします。プラセンタは、細胞レベルでの回復を促進する成分なので、少しでも不安のある商品は購入しないことが大切です。

 

「まとめ」

プラセンタ商品は、美容・エイジングケアの成分として、多くの商品に含まれていますが、全て安全ではありません。自分で確認してから購入することを心掛けましょう。そもそもプラセンタがどんな成分か気になるという方はこちらのサイトをご覧ください。
http://www.camino-relaxation.com/contents2.html

 

 

プラセンタ

関連エントリー
プラセンタは原料と原産国に注意